津エアポートライン株式会社

津エアポートライン --- 安全マネジメントに関する方針

このページを印刷する    
両備グループ安全宣言
社会正義の経営方針に則り、交通運輸各社は「安全」を最優先とし、「日本一安全な運輸企業」を目指して頑張ることを宣言します。
平成19年4月1日
両備グループ代表  小嶋 光信
活動方針
両備教育センターや各社の教育とSSP-UP*運動などを通じ、安全方針に則った安全重点施策を徹底し、数値目標を設定して、効果的な安全マネージメント態勢を構築します。
SSP-UP=S=safety&security(安全),S=service(サービス),P=productivity(生産性),UP(向上)
 
安全方針
1. 安全運転(運航)を第一とし、法令順守し、基本に忠実に日々業務を遂行すること。
2. 車両(船舶)の整備を的 確に行い、始業点検を厳正に行なうこと。
3. 点呼において、日々安全への啓蒙、関心を高めること。
4. 教育を通じて安全意識を常に涵養すること。
5. 万が一重大事故の場合、人命尊重を第一に対処し、速やかに上司、関係機関への連絡をとること。
安全マネジメントに関する方針
基本方針
当社は、乗用旅客自動車運送事業者として、輸送の安全第一を旨として、一層の安心と信頼の向上を図ります。
安全目標及び達成状況
期間: 平成21年1月1日~12月31日(平成21年度)
目標: 走行10万キロ当り、交通事故発生0.25件以内
発生件数: 0.42件
重大事故件数 (自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
期間: 平成21年1月1日~12月31日(平成21年度)
発生件数: 0件
安全に関する組織・指揮命令系統
安全管理規定に則り、安全統括管理者・運行管理者・整備管理者及び、その他必要な責任者を選任して、企業統治を的確に行っています。
安全に関する重点施策
追突事故の防止
交差点における安全確認の厳重な励行
飲酒事故の事前防止(飲酒チェックを厳格に実施)
自損事故の防止(バックセンサーを設置したバック事故防止策も実施)
ドライブレコーダーを使用しての事故防止教育
インストラクター制度での事故防止教育
安全に対する計画(平成22年度)
有責事故者の教育
各営業所での無事故推進委員会の開催
春の全国交通安全運動の開催
運転者の適正診断の受診(3年ごとに1回受診)
定期健康診断の実施(夏・冬の年2回実施)
秋の全国交通安全運動の開催
運転者の運転記録証明書の申請
年末年始の全国安全運動の開催
事故・災害の連絡体制
「異常気象時に於ける処置要領」「防犯緊急マニュアル」に基づき、対策連絡、報告を行う。
安全に関する教育・研修計画
新任乗務員のフォロー研修
中堅乗務員研修
事故発生者の安全研修
適性検査の実施と、検査結果による指導
内部監査及び処置
毎月の車両定期点検と改善措置
事故発生者への監督者の指導の内容点検と、監督者教育
平成22年9月28日
津エアポートライン株式会社 安全統括管理者
このページの先頭へ